辛くない人もいるのに生理痛、PMSに苦しむの巻

生理前と生理中の体調不良は様々だと思います。普段と同じように過ごせて全く体調に変化がない女性も極稀にいらっしゃいますが、多くの女性は体調不良で悩んでいます。生理痛が酷い女性だと、動けなくなるほどです。
男性にはわからないかもしれませんが、生理中はもちろん、生理前に起こる体調不良もあります。腰痛や下腹部痛、イライラや食欲増進も生理が来る前兆です。生理中は、生理前と同じような体調不良がより酷くなる感じです。また夏の季節やスポーツをして汗をかいたあとは、ナプキンがむれるので、痒みを伴うこともあり、余計にイライラします。生理中機嫌が悪い女性がいますが、男性は生理前・生理中の体調不良を理解してあげてほしいと思います。

私自身は、腰痛とイライラが酷く、何もしていなくても疲れてしまいます。それが毎月なので嫌になります。普段は笑って済ませられるようなことでも、生理中は許せなかったり、周りに当たってしまうこともあります。反省しますが、自分の感情を抑えることも大変なんです。会社には生理休暇というものがありますが、毎月生理はあるので「生理なので休みたい。」などと申し出ることはなかなかできません。なので、周りの理解が必要かと思います。
多くの女の人の具合がかなり悪いことの起因なのはPMSなどの事が多く、これらの出る症状というのは複数ありいろいろらしいのです。また、毎月の辛さ変化するのです。生理前に起こる頭痛の原因など。

月経不調が要因で起こる怒りの感情はヨガのみでは改善に至ることは困難ですからいくつかの手だてを行って女性ホルモンのバランス解消を意識していきましょう。月経の時に肌が荒れることはよくあることです。生理痛が軽いならすべすべ素肌である場合が圧倒的に多くてホルモンバランスなどが非常に良いのだとか。この不調は頭痛、腹痛でも酷い人は激痛なので同じ女性でも、軽い症状の人は、「たかが生理」などという人もいます。
普通の企業の中でもこういった人がリーダー的だったり、上司だと最悪ですし、学生の場合、教師が生理痛の軽い女性だとひどい差別的発言を受けることもあります。大変な重い症状の人も検査しても病気でないこともありますし、そうなると余計に生活しずらい環境になっていくのです。
こういった辛い症状を緩和するために本人や家族も努力をしているはずですが、周りの人も懐疑的な目で見ずにこういった症状の人がいることを理解したうえで接してあげるとストレスが少なくなり、症状も和らぐことがありますので誰かのためにも自分のためにもと考えて行動することが大切です。